2018年の今年で4回目となるまんパク!!(・∀・)

今年もGWに国営昭和記念公園で開催が決定しましたね

テレビや雑誌などのメディアでも宣伝されて気になる方も多いのではないかと思います

実際にどんなイベントなのかも分からないと言う方も多いのではないかと思います

なので、今回はまんパクと言うフードフェスティバルが一体どう言うイベントなのかをグルメフェス大好きな管理人がお話ししたいと思います!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサードリンク

まんパクは食べ放題?試食は多い?行ってきた感想

まんパクとは「満腹になるまで食べ尽す」と言うフードフェスティバルですw

とは言え当たり前ですが決して食べ放題や試食会などのグルメフェスではなく、あくまでも入場料を支払って更には公園内できちんと料金を支払って食べるもので

分かりやすいイメージで言えば

フードコートのような祭りの縁日のようなもの

と言えばイメージがしやすいのではないかと思います(・∀・)

祭りの縁日のような屋台がずらりと並んでいて、それでいてフードコートのように食べる場所が用意されているんですね


*イメージで言えばこんな感じ

なのでお金は当然支払わなければならないですし

フェスなので値段は若干‥と言うか、かなり割高

まんパクは高い!値段が高い理由と評価や評判

例えば祭りの縁日の食べ物って結構高くないですか?(´・ω・`)

焼きそば1つ300円とか、フランクフルトで300円とか唐揚げで500円とか

私もテキ屋で店を出していたので知ってるんですが出店料と言う名の場所代ってものすごく高いんですよorz

祭りと言えば当然数万人どころか数十万人が集まるだけに売り上げも上がるので当然と言えば当然なんですが、普通に普段と同じ金額で販売するとなると元が取れないんですよね┐(´д`)┌

スポンサードリンク

それでなくても短期集中なのでそこに対しての仕込みなどの準備も半端ないですし

それと同じで

まんパクなどのフードフェスは元々の値段設定が全体的に高いです

例えばこれは別のフードフェスの画像で参考までにですが

この量で1200円www

ただ勘違いしないで頂きたいのが

祭りの出店のクオリティとは全然違って遥かにレベルは高い

と言う事

まんパク の楽しみ方

まんパクなどのフードフェスで出店しているお店って、全国各地から自分のお店の看板を背負って出店しているんですよね(・∀・)

だから値段設定が高くても「不味い」「損した」とは言わせない覚悟で出店しているんですよ

出店するだけなら本当、出店料を払って審査にさえ通れば出店は出来るんじゃないかと思うけれど

でもまんパクはグルメがメインのイベントであって美味しくなければ意味がないですし、これだけインターネットが普及している現代で適当な商売なんて出来ないですし

SNSで「まんパクのこの店が美味しい!!」と拡散されれば爆発するし、その後メディアにも取り上げられる可能性も大きい代わりに

「まんパクのこの店最悪」だなんて炎上されれば最悪レベルの話ではないですよ

終わりですww

しっかりとお店の看板掲げて意地とプライドを賭けてまんパクに出店している

だからこそ、そこらの祭りでどこの誰が出しているのか分からない屋台とは違って一つ一つの店のクオリティが高い

祭りに出ている屋台が不味いだとか悪いだとかって意味ではないですが

食べやすいように屋台使用にメニューを考案してくれているお店も多いですが、そもそも祭りの屋台で出るようなものとも違いますからね(๑•̀ㅂ•́)و✧

お店で食べるようなメニューをまんパク用にアレンジされたものであって、まんパクは「食べる事がメインの祭り」なのでやっぱり食べ物の屋台のレベルは個々が高いです(・∀・)

さいごに

まんパクに行くべくか行かないべきかで考えるのであれば、私は個人的にですが声を大にして言います

気になっているのであれば行った方がいい

楽しいですよ、まんパク(ノ∀`)

何を食べようか本当、目移りしかしないですし♡

確かに人は多いし混雑はしますが

そうですね

行列が嫌だとか人混みが嫌だと言うなれば私がおすすめする時間帯は14時以降が比較的人が少ないのでおすすめです

お昼時は避けた方がいいかと思います

でもグルメフェス、行ってみる価値は私はあると思いますよ♪

スポンサードリンク