冬デート

こんにちは。
大阪生まれ、大阪育ちの優花です♪

冬になるとお鍋、美味しいですよね(*´д`*)


特に〆の雑炊が私は好きです。


鍋の〆の雑炊が一番美味いのは水炊きだと、心の底から信じて止みません!!(`・ω・´) シャキーン


でも先日、岡山の知人宅に泊りがけで遊びに行った時


私「晩御飯って何する?」

「水炊きで良かろう?
人数も多いんじゃけ」

私「水炊きめっちゃ好き!!(๑•̀ㅂ•́)و✧」


そう言って出てきた水炊き。



私の知ってる水炊きとちょっと違う(;´・ω・)


いや、美味しく頂いたんだけどもね?

何だか水炊き一つでも地域によってこんなに違いがあるものなのかぁ‥

と。


どんな水炊きだったのかはさて置き

ここでは大阪生まれ、大阪育ちの私が食べ続けている


「大阪の水炊き」


についてレシピや具材を紹介します。

スポンサードリンク

大阪の水炊きのだしは何?

大阪の水炊きの基本のだしは昆布だしです(๑•̀ㅂ•́)و✧


私は今でこそ昆布は使ってはいませんが


(´・ω・`){だしパックから取るダシのが美味しいんだもん。


でも一般的には昆布から出汁を取る家庭が殆ど。


昆布から出汁を取って、具材の旨味でダシを美味しくする。

至ってシンプルです(●´艸`)

大阪の水炊きの具材は何?

昆布でしかダシを取らないからか、具材は結構だしが出るものだったり旨味が出るものを多く使います(●´艸`)


本当にシンプルに言えば

  • 白菜
  • 白ネギ
  • 水菜
  • 人参
  • 椎茸
  • 鶏肉
  • 豆腐

位なものです。


家庭によってここにマロニーだったり豚肉だったりが入りますが

大阪の水炊きでは 鶏肉+白菜+白ネギ が主役になっていますw


これが大阪以外だと白菜ではなくキャベツだったり、とか


地域性の問題かは分からないですが、鶏肉の代わりにウィンナーだったりとか;つД`)


大阪ではベースは【鶏肉】です。


私のオススメ具材はこちら♪

(´っ・ω・)っおすすめの具材と入れる順番

スポンサードリンク

大阪の水炊きのレシピ

私の水炊きのレシピではないのですが
(ってもダシが違うだけですがw)


大阪での水炊きの作り方は


・水2リットル

・昆布15㎝

・具材


①昆布を乾いた布で軽く拭き、汚れをとる

②水を入れた鍋に昆布を入れて半日置く。
(時間がなければ15分水に付けてから、材料を準備してる間に煮立ったら弱火にしてダシを取る)

③昆布を取り出す

④火が通りにくい具材から投入する



です。


順番は

おすすめの具材と入れる順番

で紹介していますので、まだ読まれていなければ参考にしてみて下さい(*”ー”*)

おまけ【大阪の雑炊の味付け】

水炊きの最後と言えば“雑炊”。


大阪ではすっごくシンプルに

醤油+塩少々+溶き卵



これが一番美味い!!!!!(*´д`*)



もしかしたらどこも同じでありきたりかもですけども
(いかんせん、私はこれが当たり前で他を知りませんw)


ただ、決め手となるのはダシの他にもポン酢!!(`・ω・´) シャキーン




大阪の水炊きには欠かせない、めちゃくちゃ美味いポン酢です(●´艸`)


これだけでも「大阪の水炊き」になりますww

ガチで美味しいので、ポン酢にこだわりがあれば一度ご賞味下さいませ♪


ではでは♪

スポンサードリンク