冬デート

大阪生まれ、大阪育ちの優花です♪

冬になると我が家の食卓には毎日のようにおでんが一品料理として並びます(・∀・)


旦那がお酒を呑むのでいいアテになるのと、我が家には友達がよく来るのでおでんがあれば突然来る事が決まっても、鍋に入れて温めるだけで後は勝手に呑んでてくれるので楽だからなんですが


我が家のおでんには旦那や友達からやたらと定評がありまして(*ノωノ)


とは言え

特別な事は一切していません。


敢えて言うなら下ごしらえを怠らないくらいです。


我が家のおでんの作り方を1から全て伝授致します!!(๑•̀ㅂ•́)و✧



是非美味しいおでんをみんな囲って楽しんで下さい( *´艸`)

スポンサードリンク

美味しいおでんの作り方

まずおでんに入れるもので味を決める“ダシ”。


よく一般的には「昆布から出汁を取って~」と言われていますが

((-ω-。)(。-ω-))フルフル


私は言います。

声を大にして言います。


だしパックを使いましょう!!(`・ω・´)


おでんの味を決めるのは入れる食材+ダシが決め手になるんだけども

昆布じゃどうにも….(´・ω・)


そんなに高いダシパックじゃなくても大丈夫なので、スーパーでダシパック買ってきて下さい。


出来上がりの味が格段に変わります!!


因みに私が使ってるのはこれ。

普通にスーパーで手に入ります( *´艸`)


味付けは

だし汁5カップに対して

薄口醤油、みりん 大さじ4ずつ。



たったこれだけです!!(๑•̀ㅂ•́)و✧


たったこれだけだからこそ、ダシは色んな出汁が出るだしパックをおすすめするのです。

おでんの具で人気のおすすめ食材

おでんに入れる食材は


・大根

・じゃがいも(メークイン)

・卵

・ごぼう天

・ひら天

・ちくわ

・厚揚げ

・がんもどき

・こんにゃく

・牛すじ肉



私の場合、一般的に言われる“変わりダネ”と言うのは入れません

あくまでも王道一筋直球勝負です!!(`・ω・´)


具材の下ごしらえの方法はおでんの具材下ごしらえ一覧を参考にして下さい。

スポンサードリンク

美味しいおでんの煮込み方と煮込み時間

出汁を取って味付けをしたおでんに下ごしらえをした具材をぶち込んでいきますが、ここで注意するのが


決して沸騰させない事。


煮込み時間は色々レシピによって「煮込み過ぎない」とか「余熱で」とかも書かれてはいますが

私の場合は煮込み倒します(・∀・)


煮込み倒すと言ってもトロットロの弱火にずっとかけているって言う程度ですが

1日平均4~5時間は弱火にかけています。


煮崩れ?

知らん!!(ヾノ・∀・`)



お店で出す訳じゃあるまいし、大事なのは見た目よりも味です(๑•̀ㅂ•́)و✧


って言っても弱火でコトコトだとそんなに目立った煮崩れもしないです。


これは煮込み始めて3日目のおでんですが

dsc00369

ね??


因みに箸でもスッと切る事が出来る位までに仕上げています。

これ位になってからのおでんが美味しいんです( *´艸`)


我が家では最低2日、10時間煮込んでからじゃないと完成したとは言いませんww


ただおでんを煮込む時に気を付けて欲しいと思うのが弱火でコトコト煮込む事ともう一つ!


家の中にあるお鍋で一番大きくて保温性に優れている鍋を使って下さい。


私はこの鍋で大量におでんを煮込んでいますが



一般家庭に多くあるであろう、土鍋が適しています。


..と言うのも。


煮物っておでんに限らずなんですが、冷める時に味が染み込むと言う性質があります。


保温性が高いと冷めるまでに時間がかかるので味が染み込みやすくなります。


おでんは出来れば大量の具材と煮込めば煮込む程に食材からダシが出るので美味しくなります(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜


「練り物は煮込み過ぎない」は私の中では有り得ません!!

だって練り物から出るダシが美味しいんだから(`・ω・´)


とは言え、練り物は3日煮込むのが形を保っていられる限界ギリギリですw


我が家では形が無くなっても誰も気にはしないんですが

やっぱりお箸で掴める位じゃないと食べにくそうなのでね(;・∀・)


練り物だけは食べる分を3日前に入れるようにしています。


食べる時に食材からダシがジワッと出る位のおでんが私は好きです(*´д`*)


そして、それ位のおでんの人気が高いです♪


大量におでんを作った時、少々困るのが

「温めるまでに時間がかかる事」

なんですが。


私の場合はその日に食べる分を別の鍋に取って、食べる分と仕込んであるおでんは別々に火にかけています(・∀・)


食べる分のおでんは煮込む事が目的ではなく、温める事が目的なので多少強引に強火にかけても問題はありません。

まとめ

私が作るおでんのポイントは

  • ダシを取る時は昆布ではなく、ダシパックを使う
  • 味付けは薄口醤油とみりんのみ
  • 最低でも10時間以上は弱火で煮込む
  • 出来る限り多くの具材と、保温性の高い鍋とで煮込む
  • 練り物は3日が限界

です。


是非1度お試し下さい(・∀・)


自分で作っておいてなんですが

めちゃくちゃ美味いです(*´д`*)


ではでは♪

スポンサードリンク