お正月の三日日の食事と言えば、おせち料理にお雑煮。


お正月のテレビの特番を見ながら家族でコタツを囲みながらおせち料理やお雑煮を食べていると

「お正月だな」

と 強く感じる事は少なくないかと思います。


しかしこの「お雑煮」。

地域によって味付けが違う事はご存知でしょうか?

お雑煮に対して強い拘りを持っている人は実は結構多いもの。


お正月からお雑煮が原因で新年早々喧嘩にならないように、お雑煮について説明します。

スポンサードリンク

関西と関東のお雑煮の味付けの違いとは?

一般的なお雑煮で、私達大阪人に馴染みが深いお雑煮と言えば各家庭で違いはあれども

・白味噌

・まる餅

・煮餅

が主流ではないでしょうか?


対して関東では

・すまし汁

・角餅

・焼餅

が主流になります。


実はですね、この大阪では当たり前な白味噌ベースのお雑煮…。

主流なのは近畿と一部の中国地方だけなんですよね。

関東と関西のお雑煮の味付けの違いと言うよりは、近畿と全国のお雑煮の味付けの違いと言った方が近い程です。


とは言え 慣れ親しんだお雑煮には多数派だろうが少数派だろうが想いがありますよね。

各家庭でお雑煮の味付けが違う理由とは?

お雑煮にはそもそも定められたレシピと言うものが存在しないんです。

(レシピは多数出回ってはいますが)


地域の違いだけではなく、各家庭で味付けや入っている具材に違いがあるのは

定められたレシピがない=各家庭の味

と言う事。


大阪では白味噌ベースのお雑煮にお餅以外に豚肉や沢山の野菜が入っているものをお雑煮として主流としている家庭が多い事から、関東のお雑煮を「質素」だと感じてしまう人も少なくないですが

関東の人が大阪の白味噌ベースの具沢山のお雑煮を見ると

「おせち料理の味を殺すつもりか!」

と(笑)


たかがお雑煮、されどお雑煮。

ちょっとした違いでもお正月にしか食べない特別なものである事から、お雑煮を1年間楽しみにしている人も多い事もまた事実で

「自分が楽しみにしていたお雑煮とは違う!!」

と 喧嘩にまで発展してしまう事も少なくありません。

スポンサードリンク

お雑煮の味付けで喧嘩にならない為に

私の実家は父が東北出身の為、幼い頃からお雑煮と言えば「すまし汁」でした。

具材は煮餅・人参・三つ葉に鶏肉と言う、大阪の人から言わせると「質素」と言われるお雑煮ですが、それが当たり前で育ってきたんですね。

しかし結婚してから初めてのお正月を迎えた時、白味噌ベースではない関東のお雑煮を出した時の旦那の顔は誤魔化しようがない程に引きつってしまっていました‥‥。

(白味噌ベースの関西のお雑煮をそもそも知らない私とは会話が噛み合わずに、喧嘩にすら発展しませんでしたが)


これは恐らく大阪に限らずだとは思いますが、このように

多少具材に違いはあれどもベースからして違うお雑煮が出てくるとは、夢にも思っていないと言う人は少なくありません。

具材に多少の違いはあれども、大阪では白味噌ベースのお雑煮が全国区だと思っている場合が殆どです。

ましてや年に一度しか食べる事のないお雑煮が理由で喧嘩になると言う事も珍しくないようです。


そうならない為にもお互いの出身地が違う場合であれば特に

・関西と関東ではそもそものベースが違う事

・お雑煮に入っている具材

・お雑煮に入れるお餅は焼くのか、焼かずに煮るのか

はお雑煮の買い出しに行くまでの段階で話をしておきましょう。


また

「我が家は白味噌ベース」

「お雑煮で味噌は有り得ない」

など、意見が食い違ってしまう事もあるかと思います。


一般的には女性は嫁ぎ先の家庭の味に染まるものと言う認識がありますが、お雑煮に関してだけは何故か実家の味を持っていくと言う習わしもあります。

お雑煮のレシピに関しては基準がないので、意見が食い違った場合には二種類作って食べ比べをしてみるなど、どうせなら楽しく新しい家庭の味を作っていってみては如何でしょうか?

まとめ

お雑煮に関しては関西、関東で日本を二分し比較する事は最早不可能な程に実に様々な種類があります。


嘘のような本当の話で

「焼かずにお雑煮にお持ちを入れるなんて考えらなくて、一切手が付けられなかった‥」

と言うような例もあります。


極端な例だとは思いますが、それでも食の違いと言うのは出身地によってある事は否めません。

是非事前に話し合ってお雑煮のベースや具材は決めておきましょう。


*因みに大阪では三日日お雑煮を食べますが、全国でみると元旦のみだと言う地域も多いようですのでご注意下さい。

スポンサードリンク