2017年の8月5日(土)も開催される大阪のなにわ淀川花火大会

大迫力の花火に500もの屋台が出店するなにわ淀川花火大会ですが、小さな子供を連れて行くのには人が多過ぎて少し心配‥なんて気持ちはないでしょうか?(´・ω・`)

だけどせっかくなら屋台も楽しませてあげたいし、綺麗な花火も見せてあげたい

そんな気持ちに応えるべく、子連れでなにわ淀川花火大会に行く時の不安を払拭できるおすすめ情報です!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサードリンク

なにわ淀川花火大会の屋台の場所と開店時間とおすすめ最寄り駅

なにわ淀川花火大会では花火は勿論、500店と言う屋台の多さも人気の秘密

どうせなら花火と合わせて屋台でお祭り気分も味わわせてあげたいですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧


とは言え43万人もの人がなにわ淀川花火大会に訪れる中で混雑は出来る限り避けた方が安全面を考えたらいいんじゃないかと思います(´・ω・`)


屋台が多く軒を連ねる場所は淀川河川公園の十三側、十三大橋と新淀川大橋の間になります


子どもを連れて行くのであれば昼間から屋台に行きたいところですが、屋台の開店時間は露店にもよりますが16~22時頃なんですね


屋台目当てで行くのであれば阪急の十三駅で降りるのがいいのかも知れないですが、阪急十三駅は15時頃‥屋台が開店する時間前から混雑が始まります


なので小さな子供を連れての安全面重視で混雑を避ける場合は阪急南方駅がおすすめです(*´ー`*)


十三駅程の混雑はなく、屋台は十三駅で降りて淀川河川公園に向かうのと同様に楽しむ事が出来るので混雑を避けたい場合にはすっごくおすすめ出来る屋台スポットです♪

なにわ淀川花火大会で混雑を避けられる人が少ないおすすめ穴場スポット

なにわ淀川花火大会の花火の打ち上げp時間は19:40~20:40の1時間


なにわ淀川花火大会の花火が見えるスポット観覧席は多くありますが、気になるのは混雑ですよね(´・ω・`)


花火を見る為の場所取りは何とかなったとしても、帰りの混雑もあります


ここで私がおすすめするのは屋台でおすすめの阪急南方駅からは少し電車を乗り継がないといけなくはなりますが


JR海老江駅が最寄り駅の海老江側河川敷からの花火鑑賞をおおすすめします!!


この海老江側河川敷をおすすめする理由は


海老江駅からのアクセスも良く、他の駅程の混雑もない事


花火が終わった後や花火が終わる頃になると駅は物凄く混雑します(´・ω・`)


大人だけなら我慢出来るものの、小さい子供には何万人もの人が詰め寄る駅の混雑は辛いものがありますし

何より小さな子供を連れての混雑って連れて行く側のあなたがしんどくなってしまうのではないかとorz


かと言って海老江側河川敷は花火が見えないと言う訳ではなく、阪神高速の向こう側と言った形ではありますが身近で花火を見る事は出来ますし何より周りの灯りが少ないので他の花火観覧スポットよりも花火が色鮮やかに見えると言うメリットもあります(*´ー`*)


駅では帰りの電車の切符を先に買っておくと券売機に並ばなくて済むのでおすすめですよ♪

スポンサードリンク

まとめ

  • 屋台の時間は16時~22時頃
  • 屋台や露店が多く出店されているのは淀川河川敷公園
  • 混雑を避けるなら最寄り駅は阪急南方駅
  • おすすめの花火の観覧スポットはJR海老江駅が最寄りの海老江側河川敷


要点だけをまとめるとこんな感じです(*‘∀‘)




浴衣を着せてあげればお祭り気分もアップです(๑•̀ㅂ•́)و✧


素材はポリエステル繊維とかだと真夏の炎天下には風を通しにくく汗の吸着も良くないので、熱中症対策にも素材は綿がおすすめですよっ♪


素敵な思い出を作ってあげられるといいですね(*´ー`*)

そのお力に少しでもなれれば幸いです

ではでは!!

スポンサードリンク