着物

明けましておめでとうございます。
大阪案内人の優花です!!

毎年初詣だけでも230万人が訪れると言う、大阪府の住吉大社。

初詣のカウントダウンには深夜0時を過ぎれば年越し番組を見終えた近所に住む人達も加わり、更に混雑を増します。


大晦日の23時から新年が明けた午前3時までが住吉大社の初詣、混雑のピークだと言われてますが


ではどのようにその住吉大社、初詣参拝の混雑を乗り越えればいいのか?


少しでも素晴らしい1年のスタートが切れますよう、しっかりと心構えと準備をして住吉大社で新年を迎えましょう。

そのお手伝いをさせて頂きます。

スポンサードリンク

住吉大社 初詣の混雑状況とは??

冒頭でも触れていますが住吉大社の初詣には例年200万人以上が参拝に訪れます。


中でも初詣で最も混雑する時間帯が大晦日の23時から新年が明けてからの午前3時まで


カウントダウン直後の混雑状況は凄まじいです。



では、この状態を少しでも回避するにはどうすればいいのかをお話しします。

混雑を回避して参拝するには?

第一本宮の前ですし詰め状態になってしまってからでは、早くても第一本宮で参拝するまでに40分位はかかってしまいます。

が これはあくまでも開門直後に住吉大社境内に入った場合の話なんですね。


カウントダウンから住吉大社に行かれる場合ですと

住吉大社は大晦日の17時に一旦閉門をして、22時にもう一度開門するんです。

その時、21時頃から開門を待っている人達と言うのが当然います。

その人達と言うのは例年の住吉大社の混雑具合などを知っている人達。


で その人達が一体どんな行動をとるのかと言うと‥。

わき目も振らず第一本宮前を目指すんですよ。


住吉大社は境内に第一本宮から第四本宮まであるんですね。

こんな感じで縦に第一本宮から第三本宮まで並んでいて、第四本宮だけが横にある配置です。


最も混雑する場所がこの第一本宮。

極力開門してから遅くても1時間以内に住吉大社の境内に入り、露店にもお守りや破魔矢にも目もくれず。

とにかくまずは第一本宮を目指しましょう!!


ただ、カウントダウン直後でなければ、ここまでの混雑はありません。
(上記の動画で確認して頂けますが、人は流れていますので)

それでも小さな子供連れだったりすると混雑は少しでも避けたいですよね(´・ω・`)


混雑している時間帯を避けるのであれば夕方の16時以降に行くのが人が少なくていいんですが‥

何とかして人が多い時間帯でもスムーズに流れる方法はないか!?

そう思うのが人情ってもんですよねw

スポンサードリンク

スムーズに参拝をする方法とは??

一目散に第一本宮を目指したのにも関わらず、すし詰め状態になってしまった時の対処法。


すし詰め状態になってしまう原因の一つに

参拝が終わった人が脇へと抜け出せないと言う理由があります。


後ろから次々に人が押し寄せてくるので致し方ありませんが‥。


並ぶ際には一番右側の列に並び、右側から回り込んでお賽銭、参拝するのがスムーズにすし詰め状態から抜け出しながらもしっかり初詣を行うコツ♪

特に小さな子供連れだったり着物で参拝する場合には右側から回り込みましょう。

これ、意外と知られていないマル秘参拝テクニックなんですよ♪(●´艸`)

まとめ

露店や売店を楽しむ事は参拝が終わってからでも十分可能です。

第一本宮さえ抜けてしまえば、まだ余裕を持つ事が出来ますので^^


住吉大社は全国に約2300社ある住吉神社の総本社で

「日本三大住吉」

の一社に数えられる神社ですから参拝者が多いのも頷けますよね♪


素敵な初詣の思い出が新年早々に作る事が出来ますように‥。

スポンサードリンク