大阪府で紅葉の名所と言えば外せないのが箕面。

箕面にある箕面公園の中の箕面の大滝は「日本の滝百選」にも選定されていますし、箕面駅から箕面公園にある西江寺や北東方面にある勝尾寺も紅葉でよく知られているお寺です。


今回はそんな箕面の紅葉情報の中でも勝尾寺について紹介します♪

スポンサードリンク

勝尾寺の紅葉の見頃とライトアップ期間

箕面の紅葉の見ごろは例年11月中旬~12月上旬です。

紅葉シーズンに合わせて勝尾寺では毎年ライトアップが行われるんですが

ライトアップされるのは

開催期間  11月初旬~30日までの土日祝日

開催時間  日没~19時30分(閉館)

となっています。


ただこれはライトアップの時の特別営業時間で、普段は

8:00~17:00(土曜~17:30、日・祝~18:00)

なので、予備知識として知っておいて下さい♪


稀にライトアップが終わっても19時30分までは開いてると思ってしまう場合があるので、12月に入ってから勝尾寺に行く際には注意が必要です。

勝尾寺の見どころとは?

勝尾寺の紅葉は箕面公園や箕面の滝に引けを取らない位、綺麗なんですよ♪


冒頭に述べた「箕面公園の箕面の大滝」。

勿論箕面公園にも箕面大滝にも魅力は沢山あります。

特に箕面大滝には自然の神秘を感じる事が出来るでしょう。
(滝は人口ですがw)


ですが箕面の大滝が自然の神秘を感じる事が出来る事と同じように、勝尾寺には歴史的建造物と紅葉の、箕面の大滝とはまた違った味わいがあるんです♪

特に人気がある勝尾寺内の紅葉スポットは参道を覆う紅葉のトンネル


で 紅葉とは少し離れてしまうんですが、勝尾寺自体に見所がすっごく沢山あるんですね。

転んでも転んでも起き上がる「七転び八起き」の精神を持ったダルマのように、たとえ苦しく挫けそうになろうとも、目の前の困難と大いに向かい合い、「己に勝つ」と強く念じ続け、1,300年を誇る勝尾寺の「勝運」を掴み取りましょう。

勝尾寺の公式HPで書かれているように、勝尾寺って「勝負運」に関してのご利益があるとされていて。

もうね?(´・ω・`)


至るところにダルマがあるって言うww


他のお寺や神社では味わえない、ダルマだらけの光景。

これが“勝尾寺ならでは”の光景です(笑)


子供連れだったりすると至るところにダルマがある光景も珍しいでしょうし、境内で餌を買って鯉に餌を与えると言う経験も出来ます。

すごい勢いで餌を求めて集まる鯉には圧倒されるものがあります(;・∀・)


境内はバリアフリーになってるので車椅子で紅葉を鑑賞出来る事は勿論、バリアフリーだと歩きやすいのでベビーカーでも行きやすい事もおすすめポイントの一つです。


個人的におすすめするのは、ライトアップがされてる時間に勝尾寺の紅葉を楽しみに行く事(*”ー”*)

デートでもおすすめですし、とっても素敵な写真を撮る事も出来ますよ☆

ただし、ライトアップ時の勝尾寺へのアクセスが車でしか行けない事がネックになるのでご注意下さい(´・ω・`)

スポンサードリンク

勝尾寺から箕面の滝へは徒歩で行ける?

よく「勝尾寺から箕面の滝に歩いて行けるかな?」と聞かれるんですね。

理由は

箕面公園、箕面の滝周辺の駐車場が混雑と渋滞をするから勝尾寺に車を停めて歩いて行けないか??

と言う事からなんですが。


ぶっちゃけて言えば、止めた方がいいいです(´・ω・`)


勝尾寺から箕面の滝まで徒歩だと5㎞弱あるんですよ。

普通に歩いてかかる時間が1時間20分ですorz

それ、往復ですからね??(汗


「それ位全然歩けるよ!!(・∀・)」

で どうしても箕面の大滝の紅葉が見たいのであれば、普通に箕面駅から箕面の滝に向かった方が早いですし安全です。

景色も圧倒的に綺麗ですし、滝道歩いてると屋台なんかも出てますしね(笑)


「渋滞に巻き込まれたくない」

「出来るだけスムーズに車を停めて箕面の滝の紅葉が見たい」

と言った場合には

(´っ・ω・)っこちらの記事

で渋滞を避ける方法を紹介していますので、参考にして頂ければ‥です。


勝尾寺だけでも十分見所はあると私は思います(´艸`*)

まとめ

箕面の紅葉の見ごろは

  • 11月中旬~12月初旬


ライトアップは

  • 日没~19時30分(閉館)


勝尾寺では紅葉以外に

  • ダルマを楽しめる
  • 鯉に餌を与えられる

です(・∀・)

是非素敵な紅葉を楽しんで下さいね♪

スポンサードリンク